利率

学資保険の貯蓄性が高い詳細

少子化が進んでいる現代で、子供一人に費やす教育費が年々増加しています。
幼児教育、私立への受験などを検討している家庭も増えています。
また高校卒業後に大学や専門学校に進学するのが当たり前のようになっています。
まだ学歴社会重要視されてい中で、ますます教育資金の確保が必要になります。
そこで近年、教育資金の貯蓄という意味合いで人気が高いのが学資保険です。

学資保険の特徴の一つとして、貯蓄性が高いということがあげられます。
返戻率という形で示されていて、100%で元本と同じ額が支給されます。
貯蓄性が高い学資保険では、返戻率が110%以上の学資保険がたくさんあります。
なので保険料の支払総額よりも、満期額の方が多くもらえます。
銀行の利息などと比べても、学資保険の方が貯蓄性が高くなっています。

なぜこのような返戻率が可能でしょうか?
高い貯蓄性が保てるのは、保険会社のお金の運用ができるからです。
保険会社にとっては10年以上安定したお金を手にすることができます。
そしてそのお金を運用して、お祝い金以上の利益を確保していくため、貯蓄性が高い学資保険が生まれています。

学資保険の中には、5年ごとに配当金をもらうことができる学資保険などもあります。
学資保険は保険会社と契約者の双方にとってメリットがあるといえます。

このページの先頭へ