利率

学資保険の活用は教育資金の積み立て

学資保険と聞くと、子供のための保険がまず思い浮かべるでしょう。
小さな子供に対して保険をかける必要があるのかなと思う人もいるかもしれません。
しかし学資保険に関しては、子供の医療保険というよりも教育資金として加入する人が圧倒的に多いです。

今の時代は、習い事や塾などに通うのが当然になっています。
将来のことも大事ですが、毎日の生活に追われ計画的に教育資金を貯めるのが難しい場合も多いです。
そこで教育資金を貯めるために学資保険に加入する人が多いです。

学資保険は貯蓄型と、保険型に分かれます。
貯蓄型の一番の特徴は、返戻率が高いということです。
100%以上の返戻率の学資保険に加入すれば、保険料の支払い総額よりも満期額の方が上回ります。

特に今は銀行にお金を預けてもとても低金利の時代です。
そのため多くのお金を預けたとしても利息で得をするのはほんのわずかです。
同じお金を運用するのであれば、学資保険の方がより効率よく教育資金を貯蓄することができます。

さらには契約者に万が一のことがあった場合は、保険料が免除となり将来の教育資金も確保できます。
また貯蓄が苦手な人やお金の運用が苦手な人には、自動引き落としのため強制的に貯蓄できます。
学資保険であれば、途中解約http://www.tri-eco.jp/suisosui/するとかえって損してしまうため、簡単に解約する人は少ないです。
普通預金のように簡単にお金を出し入れできない、教育資金を貯めるにはいい方法だといえます。

このページの先頭へ