利率

出産前の準備に学資保険

学資保険は、子供がまだ0歳時の頃に加入している人が多いです。
子供を通じて知り合った友達との間で学資保険の話題は必ずあがります。
出産した病院でも学資保険のチラシがあっとり、育児雑誌にもよく広告があります。

学資保険と言うと産後というイメージですが、今では妊娠中でも加入することができます。
ただし、妊娠の状態が安定してることが条件です。
一番早い加入で、出産予定日よりも140日前から学資保険に加入できます。

妊娠中に加入するメリットは二つあります。
一つ目は、焦らずじっくり検討することができるということです。
産後すぐは生活のリズムもみだれやすくなります。
寝不足やストレスなど慣れないことで、学資保険のことまで落ち着いて考えられない場合もあります。

また小さな子供を連れて学資保険の相談や契約をする必要がありません。
妊娠中の方が身軽に行動しやすいといえます。

二つ目は、毎月の負担額が少ないと言うことです。
学資保険は払い込み期間がきまっているので、早く契約することで支払い回数が増えて毎月の負担額が減ります。
また払い込みの期間が短いプランを選択することも可能です。

子供の将来のためにつかう教育資金だからこそ、負担なく慎重に検討する必要があります。
その方法の一つとして、学資保険は有効的な手段だといえます。
夫婦でゆっくりと話し合うこともできます。

このページの先頭へ