利率

学資保険で利率を参考にする

今学資保険は様々な保険会社で扱っている保険商品になります。
なので、多くの保険会社の中から選ぶことになります。
その際に選ぶ一番の基準になるのが、利率です。

学資保険の場合、利率という言葉よりも返戻率という言葉が使用されることが多いです。
返戻率とは、学資保険料の支払総額に対して満期で受け取ることができる金額をパーセンテージで表したものです。
学資保険の中には、100%を割り込むものから120%近い返戻率のものがあります。
100%以上の学資保険を選ぶと、実際の保険料の支払い総額よりも満期額が上回るということになります。
支払総額よりも上回ったお金は、お祝い金として保険会社から受け取ることができます。

例えば毎月同じ金額を貯蓄した場合、各銀行の利率が適応されます。
銀行の金利が低金利なため、学資保険と同等のお祝い金という利子を得ることは難しいといえます。
さらには契約者に万が一の時には、保険料が免除になり満期額の保障もあります。
学資保険を選ぶ際、計画的に教育資金をためたい人には貯蓄型の学資保険を選びましょう。
貯蓄型の商品の多くは、返戻率が高いものが多いので、損することなく教育資金を備えることができます。

このページの先頭へ