利率

学資保険の内容の詳細

学資保険は子供が生まれると、多くの人が検討しています
子供がいる世帯の約7割が学資保険に加入している時代です。
多くの人が利用している学資保険ですが、今では多くの保険会社が取り扱っている商品です。
なので各会社によって様々な特徴があります。
学資保険をしっかり理解したうえで、何を求めて加入するのかを相談する必要があります。

まず学資保険には貯蓄型と保険型に分かれます。
貯蓄型は、保険料の支払額よりも満期で受け取れる額の方が多いということが最大の特徴です。
その代わり子供のけがや入院などの保障は一切付帯していません。

保険型の場合は、貯蓄と保障が組み合わさっている商品です。
子供が入院したりけがをした場合、物を破損して弁償が必要な場合の保障が付帯しているものがあります。
保険会社によって保障内容は異なるので、どんな保障があると安心なのか比較してみましょう。
保障型の場合は保険内容をしっかり確認し、そのほかの保険と重複がないように気をつけましょう。

学資保険は子供一人一人に必要です。
そのため子供が2人以上いる場合は、学資保険が2倍3倍と必要になります。
子供に同じように教育資金を準備したい人は、無理のない保険料で契約するようにしましょう。

このページの先頭へ