利率

学資保険の見直しについて

今子育て世代の多くの人が加入しているのが学資保険です。
半数以上が学資保険に加入している中で、これから加入しようかどうしようかと迷っている人も多いのではないでしょうか。
特に子供が生まれたときは、保険を見直すべき重要な時期であるからです。

子供の教育資金に関しては、上限というものがありません。
たくさんさせたい習い事や受験など際限なく必要になります。
もしも幼稚園から大学まですべて私立を選択すると2000万円近くの資金が必要になります。

そんな将来の子供の教育資金をためる方法として選ばれる学資保険には、いくつかの見直しポイントがあります。
まず一つ目は、返戻率の確認です。
貯蓄型の学資保険が増えている中、返戻率が100%を切るものは見直す必要があります。
元本割れしている学資保険の多くは、保険内容http://www.scasoccerschool.com/hos.htmlが充実している場合が多いです。
保険内容をよく確認して本当に必要な保険なのか見極めましょう。
中には別で加入している子供保険の場合は重複してしまい、余分な保険料をかけてしまいます。

二つ目は契約者自体の保険が変更になった場合です。
契約者のほとんど家計の主な生計者になります。
そのため生計者自身の保険がどの程度必要なのかしっかり考えておくことです。
万が一のことがあったときに、将来の教育資金を確保できるように見直ししておきましょう。

このページの先頭へ