利率

学資保険のメリット・デメリット

学資保険のメリットは、契約者に万が一のことがおきたときに保険料が免除になるということです。
契約者は主な生計者の場合が多いので契約者が死亡した場合、保険料の払い込みが難しくなります。
免除になれば保険を解約する必要がなくなります。
そして契約した際の満額は保障されているので、将来の教育資金も確保することができます。

学資保険の中でも貯蓄型の場合は、返戻率が100%以上の商品がとても多いです。
返戻率が高いほど少ない金額で満額を貯めることができます。
銀行の普通預金の利率が低いため、銀行よりも多くの貯蓄を確保できます。

保険型の場合は、子供のけがや入院に対して保障を受けることができます。
また契約者が死亡した場合の死亡金や満期になるまでの期間、育英金を支給してくれる商品もあります。
その代わり元本割れする保険商品がほとんどです。

デメリットとして一番にあげられるのが途中解約した場合です。
学資保険の支払いが困難になった場合に、学資保険を途中解約してしまうと支払い総額より解約金の方が少ないので損をしてしまいます。
特に貯蓄目的の人の場合は、確実に損をしてしまうので気をつけましょう。
また学資保険に加入する際には、貯蓄型なのか保険型なのか明確にしてから加入しましょう。


このページの先頭へ