利率

学資保険とこども保険の相違点

子供が生まれると、両親や親せきご近所さんやママ友などから学資保険の話題が上がります。
学資保険はよく耳にするけれども、どのような保険なのか詳しく知らない人もいるでしょう。
保険の加入をしたくても日々の生活に追われ、保険内容や情報収集する時間や余裕がない人もいます。

子供の保険というと学資保険の他にもこども保険もあります。
どのような違いがあり、加入するメリットは何でしょうか?

学資保険には保険型と貯蓄型に分かれます。
今学資保険に加入している人の多くは貯蓄型を選択しています。
契約者に万が一のことがあっても、満額の教育資金が受け取ることができ、お祝い金が多いのが特徴です。

ただし学資保険でも貯蓄型は、子供への医療保障は保障されていないものがほとんどです。

保険型の学資保険は、こども保険に近いものといえます。
子どものけがや入院などへの保障が重視されているものです。
子供の死亡保険や、医療費なども充実しています。

またそれだけでなく、物を壊したりけがをさせてしまったり、買い物などで商品を傷つけてしまったときの保障などもあります。
こども保険は、子供が大きくなるにつれて起こり得る問題や病気に備えてくれる保険です。
子供保険の多くは、教育資金を同時に貯蓄することができるものが多いです。
子供の医療保険に重点を置く人は子供保険を選び、貯蓄重視の人は学資保険を選んでいます。

このページの先頭へ