利率

学資保険の上手な節約について

子供が生まれて日々の生活が大きく変わります。
夫婦の生活とは異なり、子供中心の生活環境に変わります。

子供が小さいころに貯蓄しておきなさいと親世代にいわれたことがあるという人も多いでしょう。
実際子供が小さいころ頃でも今までかからなかった日用品など出費も多くなります。
親としての責任や子供に不自由ない生活をさせてあげたいと思うのが親心です。
しかし将来のことを考えると経済的に不安に感じる人も多いです。

そこで学資保険に加入することで上手に節約しながらも教育資金を貯める事ができます。
学資保険では、払込期間が15歳から18歳ぐらいまでのものが多いです。
そのため、妊娠中や0歳児のころに加入することで、毎月の負担額が少なくてすみます。

そして、学資保険の支払いをクレジット払いにするのがお勧めです。
学資保険の場合、毎月一万円近く支払うことなあることが多いです。
契約しているクレジットカードのポイントなども、十数年分たまるのでとてもお得です。

また支払いなどで余裕がある場合は、払込期間を短くしたり一括払いにするのもお勧めです。
返戻率が通常よりも高くなるので、より多くのお祝い金を受け取ることができます。

将来の教育資金はまとまった大きなお金が必要にあります。
自分のライフスタイルに合わせて、上手に学資保険を選んできましょう。
そうすることで大きな節約をすることができます。

このページの先頭へ