利率

学資保険と普通の貯金の違い

今子供に教育費をかける親御さんが増えています。
そこで教育資金をどのようにためるかを検討するでしょう。
各家庭によって教育への考え方も違うと同時に、教育資金の確保の仕方も異なります。

最近では教育資金の確保の方法の一つに、学資保険を選ぶ人がとても増えてきています。
約7割の人が学資保険の加入を選んでいるのは、それだけ多くのメリットがあるからだといえます。
なぜ普通貯金ではなく学資保険を選択するのでしょうか。
その大きな違いを説明したいと思います。

まず一番の違いは、契約者が万が一のことがおきたときです。
普通貯金では、万が一のことがおきたときに継続して貯蓄をすることが難しくなります。
学資保険では、契約者が死亡した場合その時点で保険料の支払いが免除になり、満期になると満額支給されます。

もう一つのメリットは、貯蓄型の学資保険は返戻率が高いということです。
普通貯金が低金利なため、銀行に預けていても利息はあまり付きません。
学資保険の中では、元本に20%上乗せされた保険内容のものもあります。
普通預金よりも貯蓄額が増えることになります。

デメリットでいえば、途中解約をしてしまうと支払い総額よりも解約金の方が少なくなります。
また貯金のように出し入れが自由ではありません。
学資保険を選ぶ際には無理のない金額を設定することが大事になります。

このページの先頭へ