利率

学資保険が必要とされる理由

子供が小さい家庭の約9割が学資保険の加入を検討している時代です。
実際は、約7割ぐらいの家庭が学資保険を選んでいます。
これだけ多くの人が学資保険の加入を選んでいるのはなぜでしょうか。

それには学資保険を必要だと感じる理由がいくつかあるからです。
まず初めて親になった時に、一番心配になるのが万が一のことがあった時です。
特に出産と同時に女性は離職したり、産休や育児休暇を取得する人がほとんどです。

そのため家計の生産者は旦那さん一人となります。
万が一のことがお主な生計者におきた時、日々の生活だけでなく子供が大きくなったときの教育費に不安を感じるでしょう。
学資保険の多くは、契約者に万が一のことがあったときに保険料の支払いが免除になり、満期額を受け取ることができるということです。

また学資保険の満期の設定は各保険会社によって異なりますが、18歳から20歳を満期にしているとところが多いです。
大学入試、入学金、授業料など最もお金が必要なときにまとまったお金を得ることができます。
計画的に貯蓄するのが苦手な人には、毎月確実に保険という形で教育資金をためることができます。
学資保険でも貯蓄重視のものは、返戻率が高いものが多いのも選ばれる理由です。
保険の支払額よりも満額時の金額が多くもらえるため、効率よく教育資金ををためることができます。

このページの先頭へ